奥飛騨温泉郷 中尾高原 山の旅舎 中尾平

自動車の冬装備を準備してください

  

12月13日 午前11時 平湯温泉の道路状況です。
天候によって状況は変わりますが、12月~3月に中尾平へお越しの際は、
最低でもこの写真の状況を想定して、自動車の冬装備をご用意ください。
冬の奥飛騨は、1日中、気温が氷点下です。

毎年、観光客の方が、スリップして事故を起こしている現場を見かけます。
暖かい地域にお住まいの方では、想像しにくいようですが、雪がなくても、道路に水分があれば凍結します。
雪がないからと、ノーマルタイヤで油断して走っていると、日陰のカーブで急に滑ることがあります。
ノーマルタイヤでタイヤチェーン携行よりも、スタッドレスタイヤ装着をオススメします。
普段はスタッドレスなんて使わないし、そこまで準備できないよ。
でも、交通機関より、車の方が便利なんだよね・・・
そんな方は、レンタカーを上手に使ってください。
スタッドレスを履いたレンタカーで、安全走行しましょう!
ちなみに、あるじがちょっと問い合わせてみた、高山のトヨタレンタカー高山駅前店なんかでは、
3月末までスタッドレスタイヤは標準装備で料金に含まれているそうです。
さすが、雪国!

あるじは毎年言っていますが、準備不足で事故を起こして悲しい思いをするよりも、『準備したけどそこまで要らなかったね』と笑って済ませられる方が、断然いいと思いますよ。

なお、3月末や4月初めでも、奥飛騨の道路は、まだ積雪や凍結の可能性は高いです。
東京の3月の平均最低気温4.4℃なのに、中尾に一番近い栃尾の3月の平均最低気温は-3.1℃(気象庁のデータ)
なお、栃尾の標高は765m、中尾平の標高は1,130mなので、
もっと寒いで~す。
これは、3月でも凍みるわけだ・・・